洒落た日々喜楽
和 八葉(わっはっは)の名の通り、喜び楽しんでもらえるよう一筆入魂。
ゲップを防ぐには「現金一括払い」と唱える
胃カメラ2

去る3月22日毎年恒例の「胃の内視鏡検査」を受けた。
胃を膨らませるために空気が送り込まれる、そうするとグエエェェ、グエエェェとゲップが連発する。
検査する先生が「ゲップを出ないように我慢して下さ」という、そんなこと言ったってグエエェェ、グエエェェ、と、止まらなかった。
検査が終わって、「先生、ゲップを出ないようにするにはどうすればいいの?」と、聞いた。
先生は「難しいんですよね」と言ったきり、つまり、具体的方法がないのであった。

家に帰ってゲップを防ぐ方法を、年々少なくなった脳みそをフル回転させ考えてみた。
その結果、やった~、答えが出たぞ~・・・
ゲップが出ない⇒ゲップでない⇒月賦でない⇒「現金一括払い」だ~。
ゲップを我慢してください、と、言われたらこの呪文を唱えればいいんだ、アハハハハハのハだ。
みなさんどうですかこの方法、白犬それとも黒犬でしょうか?
来年は試してみようと思っている。

時事川柳
 世のために坊ちゃん二人消え失せろ
 
 ※北の金さんとアベットラー

許さんabe


アウトドア&スポーツ ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&スポーツ ナチュラム

スポンサーサイト
雪国に春がやってくる・・・「根明け」
根明け2
豪雪地帯の林に踏み入ると春の訪れを感じる現象が見られた。これを「根明け」というのである。
春が近づき暖かくなると、木の幹の根回りが雪解けの穴ができる。幹自体が発熱しているのではなく、暖かい雨が幹を伝わって根回りの雪を解かすのである。よって、枯れ木や電柱などでも同じ現象が見られる。

ほ~ら、あなたの後ろにも春がきていますよ~。
根明け
DSC_2425.jpg


時事川柳
 また出たぞあべチルドレンろくでねえ

 ※武藤、宮崎に続いて当地の石崎

寝てたって高額を得てうらめしい
 ※松島議員はいいね~

大宰府天満宮の梅と白山神社
DSC_2440.jpg
この時期は入学試験の合格発表で、若者たちの人生の一時の泣き笑い場面だ。
新潟市内の白山神社境内には、太宰府天満宮の梅に木がある。でも、いくら飛び梅だからといって飛んできたわけではありません。太宰府天満宮から昨年2月に拝受した合格祈願の紅白一対が植えられている。紅い花の「蘇芳梅」白は「大和牡丹」と名札がついていた。
話は違って
十年ほど前のことだが、太宰府天満宮の宮司の息子が高校受験に失敗したと聞いており祈願の効果のほどは???だ。

ここでクイズですぅ。わかるかな~
大宰府天満宮と鶴ケ丘八幡神社はどちらが格が上なのでしょう?


DSC_2442.jpg

この白山神社は歯の神様なんだそうだ。昔は歯の病気を「歯臭」(はくさ)と白山(はくさん)のかけことばだ。また、「歯苦散」(はくさん)にもつながるとか・・・歯はハハハハハハ

許さんabe

時事川柳
 丁寧はその場しのぎに腹が立ち
 ※いつになったら丁寧な説明するんだよ! 
 ママパンチ鼻っ柱に胸がすく
 ※保育園問題で安倍の冷たい答弁    


寺泊 きんぱちの湯
DSC_0334.jpg
↑写真はきんぱちの湯から見た日本海の荒波
去る3日、新潟から車で1時間ほどの寺泊のきんぱちの湯に友人と行ってきました。
毎日佐渡島から運ばれてくる海洋深層水を沸かした湯で、温泉並みの種々の効能(神経痛、筋肉痛、リウマチ、慢性消火器病、冷え性、慢性皮膚病などなど)があるとのこと。
宿泊客も多く、賑わっておりました。また、今月中は、通常700円の日帰り利用料金が400円でした。
DSC_0340.jpg


この近くには、通称「魚のアメ横」と呼ばれる「魚の市場通り」があり、帰路のぞいてきましたが、この時期魚種が少なく「イカの塩辛」だけを買い求めました。
市場前で、安倍政治を許さないと4シュプレヒコールを上げている方々がいました。
DSC_0339.jpg


ちなみに「きんぱちの湯」の名前の由来は、武田鉄矢やきんぱち先生とは無関係で、創業者のの名前が山田金八さんの名を屋号にしたとのことでした。
この次は、岩室の日帰り温泉に行く予定だ。

時事川柳
 ネコに負けアベノミクスは無残なり
 ※ネコのミクスはすごいね~

 一歩引く裏にあるのは悪だくみ
 ※辺野古移転中断・・・ 

 暗示かな成果はないぞ2020
 ※聖火台がないって~

 甘くねえ憲法軽視なめんなよ
 ※自分に都合悪い憲法は改定強調するアベットラー

 まだ起きぬ罰が当たって過眠症
 
 ※甘利さんいつまで寝てんの

耳毛
文字色耳毛
近ごろじじいになったな~、と、つくづく思う。なぜかって?耳毛がよく伸びるのだ。
原因は老化現象で細胞の乱れに起因するらしいが、鼻毛や眉毛も同様である。その分、頭の毛はどんどん薄くなる。
ミミ

小説家&作詞家の故・川内康範さんのように伸びるとえらいこっちゃと、耳毛カッターで除去するが。またすぐに伸びてくるのである。
あ~あ~・・・・・

時事川柳
 えげつなく口封じして猫だます 
 ※メディアの言論統制し善良な国民を・・・
 
 声高にいけ図々しく口すかし
 ※責められると居直って答弁

 見え透いたタヌキ寝入りに怒髪天
 ※あんまりだ、だんまり

 政務費で性事に励んだチャラ男(おとこ)
 ※どうしてるかな?


2015071110495443bs.png

「リンクシェア」
アウトドア&スポーツ ナチュラム



Copyright © 2017 洒落た日々喜楽. all rights reserved.